リノベーションのメリットには何がある?

リノベーションのメリット

筆者もデザイナーズマンション名古屋などで検索して中古のデザイナーズマンションを探したものでした。ここ何年かで、中古住宅を購入してリノベーションを行い、居住用物件や投資用物件として活用することが話題を集めるようになりました。リノベーションにはどんな風なメリットがあるのでしょうか。

ライフスタイルや好みに合った物件が手に入る

リノベーションの一番のアピールポイントは、従来の住宅にはないオリジナリティあふれるマイホームが手に入ることです。居住用物件なら、家族構成や趣味に合わせて間取りを変更することで家族全員にとって使い勝手が良く快適な空間を構築できます。また、しっくい壁や無垢材の床など素材にこだわり抜いた部屋作りも可能です。

新築よりも好立地の物件に手が届く

中古マンションは新築マンションよりリーズナブルに購入できるため、中古マンションなら住みたい街や人気の街の物件も購入しやすくなります。新築では高嶺の花のような好立地でも、中古マンションなら新築の3分の2程度の費用でお望み通りの物件が見つかるでしょう。

賃貸物件なら差別化できる

リノベーションした中古マンションは投資用物件にもちょうどいいです。築年数が過ぎている物件は設備の劣化や内装の古さで敬遠されることもありますが、時代に合わせておしゃれで機能的な部屋に生まれ変わらせれば、近隣エリアの他の物件との差別化が可能になり、空室対策として効果的です。

中古マンションのリノベーションを成功させるポイント

リノベーションを成功させるためには、ぜひとも知っておきたい3つのポイントがあります。

物件に欠陥がないか探し出す

リノベーション済みの物件を購入する場合、どれくらい見た目が新築同様にきれいでも、建物自体は中古品です。購入後に雨漏り・ひび割れ・漏水などのトラブルに苦労させられたくないですよね。買い入れる際は建物の欠陥を見逃さないことが欠かせません。品質の良い物件を見つける方法として、中古マンションのリノベーション物件を対象とする品質規格が参考になります。具体的に言うと、給排水管など重要なインフラ設備が品質基準を満たし、不具合への保証も付いている物件に与えられる「R1住宅」(リノベーション住宅推進協議会が制定)などがあります。

どの程度リノベーションできるのか理解しておく

リノベーションを見据えて中古マンションを買い入れる場合は、希望するリノベーションが実現可能かどうか事前にチェックしておく必要があります。たとえば低層マンションによくある壁式構造の場合は室内の壁を取り払えなかったり、排水管が下の階の天井裏に位置するため水回りの設備を移動させることが難しくなったりします。また、管理規約で内装材が指定されていることもあります。

管理がキチンとしている

快適なマンションライフを送るためには、共用部分の管理がキチンとしているかという点も調査しておきましょう。ひとつの例として、外壁やエレベーターなどのメインテナンスが行き届いているか、エントランスや廊下が掃除されているか、ポスト付近がチラシで散らかっていない、住人以外が簡単に出入りできないよう防犯対策がとられているかなどです。こういった物件なら不安や心配はいりません。

あなたが納得できる暮らしを実現したい方や魅力的な投資用物件を所有したい方にとって、中古マンションの価値を改善するリノベーションは有力な選択肢です。購入前や工事前にしっかり情報収集することが、満足度の高い物件を手に入れるための大切なポイントとなります。